佐渡島 ダイビング日和

MENU
ツアー

ニョロニョロゲンゲ

前回の新月は11月29日でした。今回はその回想録を。
ウミウシは、無数のタマガワコヤナギウミウシに交じって、
コヤナギウミウシが見られます。
アカエラミノウミウシのほかに、エムラミノウミウシも姿を現し始めました。
ちょっと写真がないのですが、ジョオウミノウミウシも見かけましたので、
じいーっくり観察しますれば、
まだまだ微小なウミウシがオベリアの森に隠れていそう。

当日はあいにく、時化後のうねりが回り込んでいて、
水深10mまで行っても、濁りが取れませんでした。
大潮とはいえ、
さすがに今日は収穫なしかな~とあきらめかけておりましたところ、
30cmほどのニョロニョロしたお魚が突如出現。

IMG_8512_convert_20161222155641.jpg

これ、ノロゲンゲではないかと思うんです。
糸魚川あたりで、『幻魚(ゲンギョ)』などという、
あらたかなお名前で売られているこのお魚、
200m以深の海に棲む深海魚です。

ノロゲンゲは干物が有名ですが、
以前相川の高千で、これよりももっと小さい物でしたけれど、
エビ篭の外道で入っていたノロゲンゲをいただいたことがあります。
煮付けて食べたのですが、ハタハタを生卵の卵白で包んだような、
上品なお味でした。

どうして水深10mに現れたのかは不明ですが、
しつこく追い回したら、
急にムーミンのニョロニョロみたいに縦になって、
尾びれの方から一気に砂に潜っていってしまいました。
カメラを構えるスキもないくらいの早業。
離れ業をお持ちです。

スポンサーサイト
ツアー

スーパームーンにお願いっ!

穏やかな小春日和が続いています。
こういう日には、自然が厳しくて理不尽なものだということを、
うっかり忘れてしまいそうになります。
今朝がたの地震は、佐渡でも場所によっては少し揺れたようです。
皆さま、大事ございませんでしたでしょうか。

少しさかのぼりまして、11月14日はスーパームーン!
今回の満月は、なんと68年ぶりの近さだそうです。
案の定、T様からお誘いがありまして、ナイト in 虫崎決行です。

IMG_8359_convert_20161122143233.jpg

前回のナイトから、それほど時を経ておりませんので、
タマガワコヤナギウミウシやサキシマミノウミウシは、
目移りするほど豊富です。

koyanagi_convert_20161122143130.jpg

今回はコヤナギウミウシも見られました。
交接中でしょうか。

IMG_8399_convert_20161122143316.jpg

ネズミウミウシは、8月くらいからちらほら見ています。

akaera_convert_20161122142804.jpg

冬の妖精、アカエラミノウミウシも現れはじめました。

IMG_8419_convert_20161122152456.jpg

コノハミドリガイは、浅所で見かけることの多いウミウシです。

[広告] VPS


これ、おわかりになりますでしょうか。
動いている糸くずのようなものがワレカラで、
2匹が戦っているらしいのですが、すみません、
うまくピントが合いませんでした。

IMG_8422_convert_20161122151752.jpg

駆け足で番外編を。
砂の中からゆらゆら伸びている2本の腕は、メガネクモヒトデの一種です。
5本あるうちの2-3本の腕だけを、砂から出して振り回し、
毛にからまったプランクトンなんかを食べているそうな。

IMG_8427_convert_20161122151840.jpg

ヤツデスナヒトデは大型のヒトデで、日中は砂の中に身をひそめています。
かなり獰猛な肉食性で、
ナマコに乗りかかって食べているのを見たことがあります。
ナマコはなまじ生命力が強い生き物なので、
半分溶けたようになりながらも、なかなか死ねない様子なのが、辛そうでした。

IMG_8389_convert_20161122151818.jpg

透明な体壁に色とりどりのイボイボが美しい、カザリイソギンチャク。
30m以深の少し深いところに多いようですが、
水深10mほどの網に引っかかるように咲いていました。

IMG_8425_convert_20161122151718.jpg

タコはこのところよく見かけます。
ダイビングポイントでのマダコの産卵、抱卵は収束していますが、
この小型のタコは10~11月が旬で、店頭にもよく並びます。
小木あたりでは「クモダコ」と呼んだりするようです。
マダコよりも少し小型なように感じますが、種類は不明です。

IMG_8364_convert_20161122151929.jpg

こちらはマダコの稚仔だと思います。
たくさん見かけました。お母さんが命がけで守っていたあの命は、
いま、すくすくと育っています。

T様いわく、11月はナイトに最適の季節。
陸は涼しく、水もまだ身を切るほどに冷たくはなく、
ウミウシなどのマクロ系が目白押し。
もちろん異論はございません。個人的には6月もおすすめです。
皆さまもいかがですか。
不定期開催ですが、大潮の夜は確率が高いです。
お問い合わせくださいませ。

ツアー

ただすぎにすぐるもの

たゞすぎにすぐる物、ほかけたるふね。人のよはひ。はる、なつ、秋、冬。【枕草子】

水中クリスマスにご参加くださいました皆様、ありがとうございました!
当日は温かく、お天気も良く、海況も良好。
皆さまの精進のたまものでございます。

DSC_887412_convert_20161115162620.jpg

エス・ワァルドでは、来週のアワビステーキツアーを1年の潜り納めにするゲストが多いのですが、
他のショップさんでは、水中クリスマスが大きな節目になっているようです。

北小浦を愛し、今年も訪れて下さいました皆々様、
そしてお世話になりました、各ショップのスタッフの方々、
1年間、本当にありがとうございました。
来年もまたお会いできる日を楽しみにしております。

今年の夏は、近年まれに見るほど、
魚影の濃い、イキイキとした濃密な海でした。
あの美しい夏!

そんな夏もはやゆき過ぎ、今回のダイビングは、
しみじみと、季節のうつろいを感じさせるものでした。

人間という、この、矮小で頑固で畏れを知らない生き物は、
もしかしたら自らの運命に打ち克つことができるかもしれないけれど、
季節のうつろいを止めることはできない。

季節が変わるころになると、いつも、枕草子の一節を思い出します。

ツアー

クリスマスツリー 入りました!

木枯らしに身も心も、お財布の中身まで冷え切っているイノマタです。
気温が乱高下しておりますが、
みなさま、お風邪など召されませんよう。

本日北小浦の赤岩にクリスマスツリーが入りました。
来週末に向けて、盛り上がってまいりましょう!

IMG_8338_convert_20161106153009.jpg

水温は18℃ほど、透明度は10m前後です。
ドライスーツはレンタル無料ですので、お気軽にお申し込み下さい。

ツアー

ハロウィン・ナイトに行かナイト! in 虫崎

日本人のくせに、なんてうそぶいているうちに、
すっかり日本にも定着してしまったらしいハロウィン。
今年のハロウィンは新月でした。

新月といえばT様、
大潮の夜ならナイトに行かナイト! in 虫崎、決行いたしました。
水温は19℃、心配していた海況も良好です。

161031_convert_20161101114832.jpg

のっけから、サキシマミノウミウシ祭。
ナイトですと、光の加減で体地が青白く透けてキレイですね。

1610313_convert_20161101155214.jpg

秋らしいタマガワコヤナギウミウシも豊作です。

1610312_convert_20161101154637.jpg

ミヤコウミウシも見られました。

1610316_convert_20161101155659.jpg

驚きましたのは、キャンプで使う折り畳み式の椅子のような姿で漂う、
こちらの生き物。

1610315_convert_20161101155640.jpg

ウミグモなんです。クモと申しましても、6本足ですけれども。
小石の裏なんかによくへばりついています。
こういうふうにお出かけする能力? があるのは、知りませんでした。

IMG_8190_convert_20161101155317.jpg

ところどころにアヤニシキが咲いています。
この美しい海藻は通常7月ごろに現れるのですが、
水温が同じくらいになるこの時期にも見られるのですね。

1610314_convert_20161101155802.jpg

全然期待してなかったのですが、真打ダンゴウオも登場!
もうやって来ているのですね!

水温も高いので、
海の中はゆるやかな過渡期なのかとばかり思っておりましたけれど、
着実に近づいてきている冬の足音を、暗闇のかなたに聞いたような、
夢見心地のハロウィンナイトでした。

このカテゴリーに該当する記事はありません。