佐渡島 ダイビング日和

MENU
ツアー

いい湯だな♪ 海中温泉ツアー

さる7月23日、平根崎・海中温泉にガイドロープを設置いたしました。
海底の岩の割れ目から、80℃以上の熱泉が噴出している、
夏限定の秘湯ポイントです。

IMG_4373_convert_20160726143335.jpg

どうせチョロチョロ~っと出てるだけだろ~
と思った方。
まずは勢いよく噴出する温泉をご覧ください!

[広告] VPS


場所によってはかなりの湯量があります。
サウナと呼ばれているあたりなどは、火山ガスかなにかが、
休みなくポコポコ立ち上っています。

[広告] VPS


凪の良い日、水面に現れる気泡を見て、土地の人たちは、
温泉があることを知ったとか。

IMG_4384_convert_20160726143418.jpg

サウナ付近にはよく小魚が群れています。
その小魚を目当てに大物が集まり、良い釣り場にもなっているようです。

IMG_4476_convert_20160726143510.jpg

波蝕甌穴と呼ばれる巨大な穴を下からくぐり抜けたり、
岩の裂け目のクレバスをずんずん進んで行ったり、
大地の躍動を体感できるダイナミックな地形ポイントでもあります。

IMG_4403_convert_20160726143608.jpg

最後はエビアマモの草原でゆったり安全停止。
吹き渡る風さえも感じられそうな、穏やかな時間に身をまかせ、
イサザアミやチャガラと一緒に、波にたわむれながら過ごします。

IMG_4488_convert_20160726145408.jpg

IMG_4491_convert_20160726145437.jpg

当日、透明度は、このポイントとしてはかなり良好な15m。
水温も23℃近くあり、例年、2本目は寒く感じるのですが、
今回は最後まで快適に楽しめました。

IMG_4359_convert_20160726143247.jpg

滅多に行くことのできない特別なダイビングスポット、
海中温泉ツアーは、8月6日(土)、7日(日)にも予定しております。
ポイントまでの行き帰り、風光明媚な尖閣湾を、
海側から眺められるというおいしい特典もございます。
ぜひぜひ、お申し込み下さいませ!!

スポンサーサイト
ツアー

イサキ参る!

いよいよ海の日の三連休がはじまりました。
夏本番が待ち遠しいですね。

IMG_3986_convert_20160716101115.jpg

雨が降るたび、透明度の心配をしている今日この頃ですが、
いまのところ、深いところでは15m以上を保っています。
今年はミズクラゲが多いようです。
白いミズクラゲが、ふわふわ漂う佐渡ブルーの海に潜行していくのは、
神秘的な時間です。

IMG_4060_convert_20160716095425.jpg

漁礁には、早くもイサキが姿を現しています。
南方系の魚で、咋年彼らがやって来たのは、9月末でした。
随分早く来ちゃったな~。

IMG_4063_convert_20160716095207.jpg

動きが新鮮でいいですね。
華やかな感じがいたします。

IMG_4065_convert_20160716095327.jpg

ウマヅラハギやらスズメダイやら、
アジやらメバルやらチャガラやらで、にぎやかな海です。

IMG_4067_convert_20160716095251.jpg

チャガラを操るSさま。シャーッ!

ツアー

夏の味覚ツアー

週末、7月9、10日と北小浦に行ってまいりましたので、
まとめてお伝えいたします。
10日は恒例の夏の味覚ツアーでもありました。

M5269889_convert_20160713103221.jpg

水温は20℃、ドライ派の方々も、
さすがに次はウェットだね~とこぼしておりました。

IMG_3919_convert_20160713100340.jpg

メバリングの聖地、漁礁では、この日もメバルたちが斜め上を見上げておりました。
う~ん、斜めと言うより、けっこう真上ですね。

IMG_3921_convert_20160713100606.jpg

蹴散らされても、じわ~っと移動して、すぐまた近くでかたまっています。
おまえたちはゆるキャラなのか!?

IMG_3924_convert_20160713100800.jpg

他方、岩の隙間でせわしなく動き回っているのはスズメダイのオスです。
スズメダイの抱卵はよく見られました。

suzume_convert_20160713101030.jpg

目玉のわかる、孵化間近の卵も。

IMG_3932_convert_20160713101105.jpg

キジハタは繁殖期なのか、おなかの大きな個体が多く見られましたし、
2匹が体をすり合わせるような行動も見られました。

IMG_3941_convert_20160713101815.jpg

赤岩はヤマトさんが常駐しています。
もう1匹、やや小柄で、メスでもオスでもないような個体が、
ヤマトの目を盗んでうろちょろしています。

IMG_4043_convert_20160713102735.jpg

アオタンが去って以来、No.2が不在で、ヤマトの独擅場になっていましたが、
またそろそろ動きがあるかもしれません。

IMG_4002_convert_20160713101712.jpg

沈船はにぎやかです。
エントリーしてすぐ、やけにマダイがかたまってるな~と思って見ていたら、
ヒラマサが3匹回遊していました。

IMG_4010_convert_20160713101857.jpg

こちらのコブダイは、なかなかハンサムなのですが、痛々しい傷!
ちょっと悪い男ふうになりました。

M5269883_convert_20160713103256.jpg

深い方が透明度はいいです。
わたくしごとながら1000本達成! ぱふぱふ~
みなさまの励ましのおかげです。
いつも本当にありがとうございます。
これからも、どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

アフターダイブ

ひまわり畑でつかまえて

今年は梅雨らしい梅雨ですね。
雨がちな日が続いています。

IMG_3892_convert_20160709082159.jpg

姫津の手前、小川集落のひまわりが満開です。
曇天に目が覚めるようなサンフラワー・イエローの絨毯。
沈みがちな気分を、しゃっきりとさせてくれるような気がいたします。

IMG_3893_convert_20160709082224.jpg

ひまわり越しに姫津大橋が望めます。
ダイビングのついでに、ちょっと立ち寄ってみませんか。

ツアー

北小浦水中七夕

去る7月2日、北小浦水中七夕が開催されました!

あいにくの曇り空でしたが、嵐の前の静けさで、油を流したようなベタなぎ。
1本目は沈船など、遠出をするグループが多く、
赤岩はほぼ貸切状態でした。

M5277422_convert_20160706083829.jpg

竹からの遠景でも赤岩がはっきり見えます。
透明度は20m以上。

M5277431_convert_20160706083941.jpg

M5277432_convert_20160706083958.jpg

M5277427_convert_20160706083808.jpg

ウミカラマツに憩うメバル。
赤岩のトップを取り囲むように、ウスメバルの幼魚の群れ。
今年は特に、ウスメバルは多いように感じます。

M5277429_convert_20160706083921.jpg

おおっ~! 
素晴らしいタイミングでヤマトさんが上空を旋回。
息をのむ一瞬でした。

最後は皆さま&ヤマトさんで記念撮影。
呼んだらちゃんと来ましたよ。
おりこうさん!

M5277434_convert_20160706084018.jpg

いつもながら、ダイビング後の『ごっつぉ』(ご馳走)も、
食べきれないくらい盛りだくさん。
今年は『おんでこ』(鬼太鼓)も登場で盛り上がりました。

いろいろと準備して下さった北小浦の皆さま、本当にお疲れ様でした。
それからご多忙の中、参加して下さった皆さま、
本当に、本当にありがとうございました!

該当の記事は見つかりませんでした。