佐渡島 ダイビング日和

MENU
日々

今日は生まれ変わるにはちょうど良い日だ

昨日が冬至でした。
冬至って、たいてい22日じゃありませんか?
うっかり忘れておりました。
大事な大事な、お日さまの誕生日を忘れてしまうなんて!

1年で最も夜が長くなる冬至には、古来、
太陽が生まれ変わると信じられていました。

IMG_8568_convert_20161222172146.jpg

一夜開けた今朝は、不思議な朝焼けの空。
そうだ、今日は、
生まれ変わるにはちょうどいい日だ。

スポンサーサイト
ツアー

ニョロニョロゲンゲ

前回の新月は11月29日でした。今回はその回想録を。
ウミウシは、無数のタマガワコヤナギウミウシに交じって、
コヤナギウミウシが見られます。
アカエラミノウミウシのほかに、エムラミノウミウシも姿を現し始めました。
ちょっと写真がないのですが、ジョオウミノウミウシも見かけましたので、
じいーっくり観察しますれば、
まだまだ微小なウミウシがオベリアの森に隠れていそう。

当日はあいにく、時化後のうねりが回り込んでいて、
水深10mまで行っても、濁りが取れませんでした。
大潮とはいえ、
さすがに今日は収穫なしかな~とあきらめかけておりましたところ、
30cmほどのニョロニョロしたお魚が突如出現。

IMG_8512_convert_20161222155641.jpg

これ、ノロゲンゲではないかと思うんです。
糸魚川あたりで、『幻魚(ゲンギョ)』などという、
あらたかなお名前で売られているこのお魚、
200m以深の海に棲む深海魚です。

ノロゲンゲは干物が有名ですが、
以前相川の高千で、これよりももっと小さい物でしたけれど、
エビ篭の外道で入っていたノロゲンゲをいただいたことがあります。
煮付けて食べたのですが、ハタハタを生卵の卵白で包んだような、
上品なお味でした。

どうして水深10mに現れたのかは不明ですが、
しつこく追い回したら、
急にムーミンのニョロニョロみたいに縦になって、
尾びれの方から一気に砂に潜っていってしまいました。
カメラを構えるスキもないくらいの早業。
離れ業をお持ちです。

該当の記事は見つかりませんでした。