佐渡島 ダイビング日和

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々

桜の樹の下には鬼が

4月15日は、待ちに待ったお祭りの日。
鬼太鼓の日でございます。
本当に、この日のために1年間、頑張ってまいりました(泣)

例年ですと、うららかな春の陽気に恵まれることが多いのですが、
あいにく冷たい雨が、朝方から降りしきっていて、
門付けしてくださる鬼さんたちは、本当にお辛そうでした。
幸い午後には雨もやみ、気温も上がってまいりました。

IMG_0023_convert_20170418105843.jpg

まずは金井新保の、八幡さまのお宮入から。
4組の鬼が揃い、1時間余りも舞い続けます。

IMG_0002_convert_20170418105714.jpg

国仲系の鬼は、赤、青ひとつがいの鬼が、
1匹ずつ舞うのが特徴です。
後半には獅子も登場して盛り上がります。

[広告] VPS


掛け声には、「そら打て、そら打て」と
「そら舞え、そら舞え」のふた通りあるようです。
八幡さまでは新保が「そら舞え」でした。
踊りの型も少し違いますね。

[広告] VPS


お宮入が終わると、見物人は半分以上も帰ってしまうのですが、
まだまだ神事は続きます。
猿田彦様が、おつきの者ども? を従えて、
満開のソメイヨシノの下を、しゃなりしゃなり。

IMG_0042_convert_20170418105759.jpg

お宮入から流鏑馬までの一連の神事は、
3時間以上続く長丁場ですが、何度見ても飽きません。

さて、日が暮れてからは、小倉のお宮入へと参ります。
前浜系と呼ばれる、つがいの鬼が、
神楽に合わせて一緒に舞うタイプの鬼太鼓では、
最大規模のお宮入です。
わたしは隣接する集落の出身なのですが、
この鬼さんたちが毎年門付けに来てくれるのが、心の底から誇らしい。

[広告] VPS


翌16日は、エス・ワァルドのある加茂歌代のお祭りの日。
朝7時、鬼太鼓がまわってきます。
両津の鬼太鼓は、国仲系の踊りですが、
能に見られるようなすり足の要素が強いように思われます。

[広告] VPS

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。